短期滞在 資格要件について

 短期滞在の在留資格は、観光、保護、スポーツ、親族訪問、見学、講習・会合への参加、業務連絡、その他これらに類似の活動を目的とする場合に認められます。原則として、日本で就労はできませんが、単発的な講演などの報酬、親族等の日常家事の手伝いに対する謝礼、臨時の報酬については、認められています。
 なお、在留期間は、15日・30日・90日のいずれかです。

申請に必要な書類について

 短期滞在のためにのための査証(ビザ)は、旅券、往復航空券があれば発給されますが、一部の国では、身元保証書などの提出が必要です。次は、日本から外国人を招へいする場合、一般的に必要とする書類です。そして、申請人は、受入先から必要な書類を受け取り、現地の日本公館に査証(ビザ)を申請することになります。

 1 申請人が用意するもの
   旅券、写真、滞在費の支払能力証明、在職証明書

 2 受入先が用意するもの
   招へい理由書、滞在予定表 身元保証書、会社登記簿謄本